葉音日記
 
  はじめに >>>
  事件の多い私たちの日常を、日記風につづっております。
優しくそよぐ葉ずれの音のように、皆様のお耳に届くと嬉しいです。
葉音がつづる、波乱万丈の日々、お楽しみくださ〜い!
 

2018.3.25>>>
今月は、税理士さんとの確定申告のとりまとめもあり、事務方は、歯の浮くような肩こりの日々が続いていました。とりあえず、この一大行事が終ると、年度末、なんだかホッと致します。早いもので、父が亡くなって一年がたち、千葉の弟一家と共に、無事に、一周忌も済ませる事が出来ました。甥っ子は、私学の中学校の先生として、正規採用にて就職が決まったそうだし、姪っ子は、無事大学四年に(六年通わないといけないので、まだ安心は出来ないらしいですけどね~)進級したらしいし、めでたしめでたし。そんな訳で、甥の就職祝いに、人生初のネクタイを買う!という体験をさせてもらいました。私の場合、よほど、堅気のお仕事の彼がいなかったってことですよねぇ。保育園勤務だと、ジャージかジーパンですし、よくよく考えるとサラリーマンっぽい人とは一度もお付き合いせずに、結婚しちゃったんだなぁ。
今はネットで、あれこれとお買い物が出来るので、光司さんともども、あーでもないこーでもないと、ネクタイの柄選びは、とても楽しかったです。悩みに悩んだ末に、ここはやっぱり、関西の笑いもいれとかなアカンやろなぁ、という訳で、わろてんかの精神のもと、銀座の小学生に負けてなるまじ!の意味合いも込め、アルマーニのネクタイを選んであげました。歳を重ねているとはいえ、社会人一年生には、少々、贅沢なのかもしれませんけど、自分自身ではなかなか買わないものでしょうし、私たちも死ぬまでもう二度と、ネクタイ選びなんてことはないかも??しれないので…、まぁ、おもしろいやんと、遊ばせてもらいました。彼には、すごく喜んでもらえたので、良かったヨカッタ…オジさんオバさん冥利につき、大満足です。
そうこうしているうちに、親知らずを抜きに歯医者さんへ…。ここ数年の間に、結構歯茎から、顔を覗かせていたので、ずっと気にはなっていたのですけど、ようやくおさらば出来た感じです。まだちょっとジンジンとした痛みはありますが、それほど腫れることもなく、しっかりご飯もノドを通りました。
さて、お仕事は、中村先生の物件が遅れに遅れており、そのため、他のお仕事がこんがらがってきています。開院の日程の決まっている医院の、ソファベンチのご納品のほうが、先になるのかもなぁ。
お仕事の進行具合の心配してたら、お家の水道の水漏れが発覚し、どうもシャワーの水洗がおかしくなっているらしい。いつもお世話になってる水道屋さんに来てもらって、お風呂場の御影石を割ることになるし、やっぱり、三月は、毎年いろいろ波瀾万丈だぁ。
お庭のミモザは満開となり、桜のツボミはほころび始めました。本日いよいよ、我が家の桜も開花宣言で~す。
 

2018.3.7>>>
ほんの少し春めいてきたと思ったら、庭のスノードロップのお花が満開でした。昨年は、お庭に降り立つ事も少なく、ほとんど放りっぱなしの状態が続いたけれど、春が巡りくれば、また花は咲くのだとしみじみ感じる春の訪れです。もうすぐムスカリや水仙も顔をのぞかせてくれる事でしょう…ミモザもほんのり色づいてきていますし、桜のツボミもあっという間に膨らんできそうです。
もうすぐ父の一周忌があり、一年の月日の早さに改めて驚かされています。もう桜の花を届けに行く事も出来ないのだなあと思うと、なんだか切ない想いでもあります。
芦屋界隈も、穏やかな気候に誘われて、お店の前をそぞろ歩く人達が増えてきました。今は、東京へ一極集中の時代、園児チャンたちも関西を離れてしまった子も多いですし、昔に比べると、若者が減ったのかな?って感じも致しますが、ここの通りは、結構インスタ映えするお店も増えてきたとかで、SNSの力恐るべし…ポーズを取りながらケイタイを翳す様は、ひゃぁ、エラい時代がきたんやなぁと思ったりもします。ひとりひとりが記者さんみたいで、こんなことも、街の本屋さんが無くなってゆくこととリンクしているようで、いろんな意味で複雑な気持ちにもなります。でも、もうすぐ平成も終ってしまうしなぁ…、私たちが、明治生まれを驚愕の思いで見つめていたように、しょショ!昭和ですかぁ〜って、ご先祖様でも見るかのごとく言われてしまう、そんな時代がもうそこまで来てしまっているのですね。
さて、わたしは、健康第一、ちょっぴり長生きして、あんなことこんなことを目撃する生き字引?的な存在でも目指そうかなっ。

昔むか〜しから、願い続けていた、20代、30代ずっと、やりたいと思って、心の奥底にくすぶり続けていたことを、ついに!やっちゃうことに致しました。へっへっへっ、自分の中では、すごく嬉し楽しの…前向きな一歩となります。暫く時間はかかりそうですが、2020年には達成できてるように頑張りたいです。
さて、今月は、確定申告のアタフタと進行中のお仕事がこんがらがって、余裕のなさが災いしたのか…二人揃って、ノド痛し、鼻もずるずる風邪気味です。インフルエンザや花粉症ではなさそうですが、光司さんは、なかなか微熱も下がらず、イマイチ、パッとしない体調が続いています。
でも、熱があるおかげ??なのかしらん…腰の痛みが不思議と消えちゃってるそうなので、ある意味、木工家的にはシアワセかもねぇ。三寒四温の春の気温差に、翻弄されてます…気をつけなくっちゃ。
 

2018.2.21>>>
友、遠方より来る…というわけで、デンマーク在住の知人が、日本へ出張の道すがら、立ち寄ってくれました。
ほっこり掘りごたつのお座敷で、美味しい地酒とジビエ料理を食しながら、いつものメンバーで、久しぶりの再会に、いろんな話で盛り上がりました。彼とは、同年代で、お互い喪中の身であることもあり、親亡き後の手続き等々の、様々なあるある話もありまして…。私もそれなりには苦労した感じでしたが、やはり海外に住みながら、親を看取るというのは、想像以上に、とってもタイヘンなんだなあと、日本のお役所仕事の煩雑さを…改めて認識しました。けど、もう一回っていったって、何度もする手続きでもありませんしねぇ~そんなことすら、遠い彼方へと追いやる程に、とっても楽しい宴となりました。
子供の頃の雪国のニュースは、二階の窓から外に出たよ~みたいな、温暖な地域の人間からするとビックリ仰天な生活をよく報じていましたが、ことしの豪雪は、久しぶりすぎて、凄く大変っそう!!十勝で、雪に埋もれて、ドアすら開かず、近くの大家さんが、ショベルカーで助けにきてくれたことを思いだします。
雪かきは、ちょっとならば、そこそこ楽しいのですけど、どか雪は、ほんと苦しいことのみ多かりきです。どんどん嵩む除雪費用のニュースは、地方の方には、お気の毒でしかありません。もうそろそろ寒波も勘弁してほしいところです。
先月の岡山県への納品でも、ずっと買い置きしたままだったチェーンを、タイヤに巻いての雪中行軍となった光司さんですけど、今回のご納品は雪解けてるかなぁ~。山深き所のようなので、またまた命がけ!?となるのかしらん~~。どうぞうまく取り付け叶いますように…。
コチラの物件が遅れていると、急ぎのお話が舞い込んできたりして…、いろんな現場をアタフタしつつ、我が工房も、相変わらず年度末のバタバタと相重なり合って、ドタバタ続きで動いています。
出来るんかなぁ~と、最近、「腰痛い~」を連発中なんですが、打ち合せの流れに身を任せているだけで、どの物件もなんだか面白そう~。長くこのお仕事を続けておりますと、ご縁のある方達とは、しばらくぶりではあっても繋がる続く道が、再び重なることがあり、またご一緒できる新しい道が切り開かれるのですから、運命っていうか、人生って、不思議なんですよね~っ。
ワクワクドキドキしながら、たくさんの出逢いとお仕事を、ひとつずつ楽しみたいと思います。
 

2018.1.18>>>
戌年の2018年が始まりました。さて、どんな年になるのやら…喪中の身、静かにそぞろにいきたい所ではありますが、相変わらず!?といいましょうか…御蔭様で…工房は、早くから、機械音が鳴り響いておりました。
昨年より引き続きのオーダーの椅子と新しい物件のあれこれと…今年もめいっぱいスタートダッシュで進んで行くことに致しましょう。
縮こまるような寒ぅ〜い一月ですが、年末は、ギリギリまで必死のパッチの大掃除。
年明け二日には、久しぶりに、弟家族が揃って我が家にやってまいりましたので、肉とカニ三昧のフルコースで、お・も・て・な・しがありました。
私たちの集い戻れる実家が無くなってしまうなんて、一年前には思いもしなかった事ですが、少しずつ、その現実をしっかり受け止めて、今ある瞬間を大切にしないと…と、改めて胸に刻みました。

ずっとバタバタと仕事に追われた芦屋での十年、時折、せっかくお声をかけて頂きつつも、なかなかご一緒叶わなかった、レミングハウスの中村好文さんの小屋物件を年明け早々、お手伝いすることになりました。現場担当の若い設計の先生の図面を、イズデザイン的にうまくとらえつつ、製作に励んでいっております。
その他、古くからのお客様からのご依頼もちらほらあって、二人共々、風邪もひかず熱も出さずに、無事に、ちょっぴり長めのお正月休みを乗り切りました。
今年の目標としては、(個人的には、)動こう!の年にしたいと思っています。
そういえば、近くで開催されていた高校女子サッカーの決勝大会とやらを観戦しに、激寒の初競技場体験もしてまいりました。
介護の日々は、物理的にも精神的にも、何となく…ワイワイとはしゃげるような気分になれませんでしたので、そんなここ数年来のもやもやを、表に踏み出すエネルギーに変えて、すきな場所や好きなコトを自分のために選んで、陽気に歩いていけたらと、空を雲を見上げています。もちろんお仕事は、真面目に!今まで以上に頑張る所存ではありますが、プライベートでの我慢は、なるだけ少ない方向へと、ずうずうしい気持ちで、意識してみたいかなと思います。
そんなある日、光司さんは、またエラい高いカメラのレンズ買ってはりましたえ〜。
写真のグレードが、プロ仕様になるかも?とのこと…まっ、お互い好きな時間と空気を、それぞれに大切にしていけたらいいのでしょうね。
さて、皆様、そんなこんなの私共、芦屋イズデザインを、本年もどうぞよろしくお願い致します。